狭山市ビジネスサポートセンターtel.04-2946-8751

受付時間>9:00~17:00(日・月・祝日除く)
facebook

埼玉県庁さまにサヤビズの視察に来て頂きました!

先日、埼玉県庁さまがサヤビズの視察にいらっしゃいました!

当センター長 小林からサヤビズについての説明をいたしました。
・ご相談者様の業種や相談傾向
・実際に行った支援事例紹介
・メディア掲載について
たっぷり紹介いたしました!

コロナ禍で行政ができることとは、埼玉県庁からご相談

埼玉県庁さまより、
「緊急事態宣言下、行政でも中小企業の支援を行いたい。しかし、行政ができる支援は、会合や寄合の場所の提供であると考えている。緊急事態宣言のため、そのような場所の提供ができないことを、ともてもどかしく感じている。」と相談がありました。

回答

@本当に対面で行う必要があるのか?

→何のために会合や寄合が必要なのか?
→オンラインでは?
→動画では?

@企業を理解すること。

→その企業の強みを理解し、本当に必要なツールを考える。
→オンラインでの方法の提案をする。
→本当に対面での支援が必要であれば、その時はそれができる方法を考える。

一番大切な事とは。

「コロナ禍に関係なく、まずは企業のことを考え、どういうツールが必要なのか考えることが大切だ。」と小林の熱い想いをお伝えしました。

相談スペースも視察いただきました。


サヤビズの相談スペースでは、ご相談者さまの商品や作成したチラシ、新聞に掲載された記事などをご覧いただきました。サヤビズについて理解を深めて頂く時間になったと思います。

埼玉県庁のみなさま、ご来所ありがとうございました。

サヤビズでは、行政との連携も強化し、中小企業のかたのための支援を広めています。